メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > 消化器内科

消化器内科

当科の特色

消化器内科は、食道・胃・十二指腸・小腸・大腸・肝臓・胆道・膵臓の疾患を治療している科です
当科では、消化器疾患全般に対しての診療を行えるように努めています。

その中でも、特に入院されておられる患者さんは、
急性期(消化器救急)疾患(急性腹症・消化管出血・胆道感染症など、緊急入院患者は入院患者の40%前後をしめています)
消化器癌(入院患者の35-40%前後)
慢性消化器疾患(特に、慢性肝疾患や炎症性腸疾患など)
に対しての治療を目的とされる方です。
療養のみの治療、緩和治療をうける方は他の医療機関に転院し、加療して頂いております。

主な検査・治療

消化器内科 検査・治療.jpg

top

now tasks