メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療科 > リハビリテーション科

リハビリテーション科


診療科紹介

理学療法

当院において最初に設立された歴史のある係であり、術後急性期より離床・運動機能改善の目的にて運動療法を行っており、各診療科から依頼件数と種類は大学病院に匹敵するものがあります。理学療法は物理療法・運動療法を通じて、起き上がり、歩行といった日常生活上必須の移動動作能力の回復をその一番の目標としておりますが、当科では急性期病院の理学療法係として発症直後、術直後より医師・看護師・他のコメディカルスタッフと綿密な連携を行ないながら、より安全に、より速やかに離床を進めております。

作業療法

作業療法というと医療現場において手工芸名などを行わせるという狭い認識があるようですが、当リハビリテーション科の作業療法係では、理学療法係と同様に障害によって活動困難に陥った方に対して作業活動を踏まえた基本動作を用いて治療・指導を行います。

特に当作業療法係では、更衣・入浴・食事・整容・排泄などの日常生活活動の自立を目的として治療・指導を行っております。

※作業活動とは、日常生活の動作、仕事や遊びなどを含めた人間の生活全般に関わる活動のことです。

言語聴覚療法

人間はことばによって、お互いの気持ちや考えを伝え合い、経験や知識を共有して生活をしています。ことばは人間だけに与えられた高次脳機能の1つであり、私たちの生活や社会を支えていると言えます。ことばによるコミュニケーションには、言語、聴覚、発声・発語、認知などの色々な機能が関係していますが、病気や事故、発達上の問題でこのような機能が損なわれることがあります。言語聴覚士(ST)は言語や聴覚によるコミュニケーションに問題のある方に専門的なサービスを提供し、自分らしい生活を構築できるように支援するリハビリ部門の専門職です。 STは、言語や音声・聴覚に障害がある方々とその家族に対して、機能の維持・向上を図るため相談や指導、評価、訓練を行います。当院でのSTが取り扱う障害は、主として成人の失語症・高次脳機能障害・音声障害・構音障害等の言語・コミュニケーション障害、嚥下障害などです。また、当院では、発症急性期から早期機能回復とコミュニケーション手段の確立を目指して、ベッドサイドでのリハビリテーションをSTも行います。主に脳血管障害・頭部外傷等による失語症・構音障害(運動障害性構音障害)・高次脳機能障害に対する評価・訓練を早期に開始します。 最近では、摂食嚥下障害を呈する方が増加しており、STは医師・看護師・栄養士等のスタッフと共に嚥下障害へのアプローチにも取り組んでいます。

top

now tasks