メインイメージ

ホーム > 診療体制のご紹介 > 診療サポート部門 > 看護部

看護部

 

ごあいさつ

  本日は当大阪警察病院にお越しいただき、ありがとうございます。
看護部は、当院を頼りに来院される患者さんに、最高の医療を提供できるように、医療チームの一員として、医師の診療活動を支え、病院の発展の推進力として活動しています。
 そして、病院の理念である「愛・熱・和」の精神と、人を思いやり慈しむ「仁」の心を大切にし、私達看護師自身が、看護に誇りとやりがいが持てるよう、品格を磨き、日々研鑽し、看護環境の整備・人材育成・専門性の追求に力を入れています。
 大阪警察病院の看護職員一同は、共に看護の発展を目指せる新しい看護の力をお待ちしています。

看護部長 池邊 美佳

  IMG_0500のコピーコピー.jpg

 

看護部の理念

● 看護部は、病院の理念に則り、病める人一人ひとりに満足していただける看護サービスを提供します。
● また、看護職員は品格を磨き、専門職として研鑽するとともに、看護場面における意思決定を強化し、
  看護の質の向上を推進します。
● 看護部は、看護師の配置基準を最高レベルにし、きめ細やかな看護が提供できる環境を維持します。
● 看護部は、看護職員の職務満足を高め、専門性の高い看護が実践できるよう人材育成に

  熱心に取り組みます。
● そして、持てる力を、病院を頼りにしてくださる方々のために、最大限発揮すると共に、
  病院、医療の発展のために寄与します。

 

看護部の目標

看護部は、目標を掲げ、日々の業務に勤しんでいます。

項目 目標 (要約)
 
安全・安心で信
頼できる医療の
提供
・看護師によるインシデント発生におけるメカニズムの的確な把握と分析
・インシデント減少のため、他職種間で情報共有し、迅速に対応することで、
 医療事故を最大限減らす
・病院の危機管理(リスク回避)のため、小さな「気がかり」を無視しない
・看護職員による感染予防策の徹底と、迅速な対応
・入院中高齢者の事故防止対策の強化
・電子カルテや部門システム、新照合システム(携帯用端末OPHMM)の効果的な活用
 
患者に対する
サービス
・医療
質向上
・病院機能評価取得
・急性期医療を受ける看護の質を向上する
・クリニカルパス適応率・精度の向上(外来パス含む)と、エビデンス分析を専門部署中心に
 積極的に行う
・周術期管理チームや窓口を効果的に運用し、難易度の高い手術患者への看護の質を向上する
・看護のプロセスの見える化
・外来一体化構想を推進し、外来看護の質向上を図り、継続看護を充実させる
・看護部の活動を適正に広報する
・患者への接遇を強化し、ホスピタリティを向上する
・入院支援センターの構築と運用
・退院支援のさらなる推進を図る
 
 
 
 
病院運営のプロセ
スの改善及び効
率化
・断らない医療の実践に力を発揮する
・集中治療室の効率的運用に各単位が協力する
・ERの若手医師を積極的に支援し、ER・救命救急センターの円滑な運営に力を発揮する
・診療報酬医療介護同時改定を受け適切に対応する
・有力分野への先行投資
・スタッフが活き活きと仕事に集中できるよう看護体制を見直す
・年次休暇の取得を促進し、ワークライフバランスを良好に保つ
・相談できる環境づくり・メディカルクラークによる医師事務作業の拡大・強化を支援する
・病棟薬剤業務拡大における支援
・地域医療機関との連携強化のため、前方・後方ともに看護職の関わりを強化する
・時間内に業務できるように働き方を考える
・長時間労働への対応と効率的な業務の遂行
・2病院体制に向けた検討と準備
 
 
スタッフの教育
・研修の充実及
び医療提供体制
の確保
・職場を暖かくポジティブな風土にする
・全人的医療の実践者の育成のため、病院を愛し患者を大切にするスタッフの育成に取り組む
・師長・副師長・主任看護師のマネジメント能力を向上し、働きがいのある職場を作る
・経年度別教育を評価検討し充実を図る
・現場の教育力の強化
・認定看護師・各種セラピストの育成助成
・臨床研修制度の指導体制および内容を強化し、新人の看護力の向上を図る
・効果的な実習・研修ができるように環境を整える。受け入れも可能な範囲で要請に応えていく
・看護補助者への教育と定着を図る
・学会参加・研修など、必要と思われる教育活動を支援する
 
 
財務の改善
・空床を減らす
・DPCや診療報酬改定を視野に入れた、クリニカルパスのブラッシュアップと適応率を上げる
・物品管理の無駄をなくす
・残業時間の減少を、業務整理とあわせて実現する
・DPC標準期間内の退院に貢献する
・エコ隊活動に各部署積極的に参画し地域環境保全に継続して取り組む

 

看護体制と勤務体制について

患者に対してより安全できめ細やかな看護を提供すること、働く看護師にとってより働きやすい環境を目指して、入院基本料区分A(7:1)による看護を実施 しています。

入院基本料区分A(7:1)看護の実施(外科病棟(52床)の掲示例)

kanngotaisei2017.png

 

変則2交代制実施の目的

・「おやすみなさい」から「おはようございます」まで、同じ看護師が継続的に看護を行うことで、
 患者さんにより安心の看護を提供できます。
・申し送りの回数を1回分なくすことで直接ケアの時間の確保になります。
・変則とした理由は、重症患者の多い急性期病院の夜間勤務の負担を軽減するため、夜勤帯の
 勤務時間数を少なくしたからです。
・出勤・退勤が深夜にならないので、女性が多い看護師や家族にも安心していただけます。
・子育て中の看護師も、各病棟に複数名いますが、月5回程度の夜勤で、夕方子供達の顔を見てから
 出勤できるメリットもあると言います。
・従来の3交代勤務を知っている看護職員も、「もう3交代には戻れない」と言っています。

病棟の勤務時間
  • 日勤Ⅰ(8:30~17:00)     ・・・・・     [勤務時間: 8.5時間]-休憩時間60分
  • 日勤Ⅱ(8:30~19:30)     ・・・・・     [勤務時間:10.5時間]-休憩時間90分
  • 中勤 (11:15~19:30)     ・・・・・     [勤務時間:8.5時間]-休憩時間45分
  • 夜勤 (19:00~9:00)     ・・・・・     [勤務時間:14時間]-休憩時間90分
救命センター、中央手術室の勤務時間
  • 日勤Ⅰ(8:30~17:00) ・・・・・・[勤務時間:8.5時間]-休憩時間60分
  • 中勤(11:15~19:30)     ・・・・・    [勤務時間:8.5時間]-休憩時間45分
  • 夜勤(16:30~9:00)     ・・・・・     [勤務時間:16時間]-休憩時間90分

2)看護提供方式・・・固定チームナーシング
看護部組織図2018.6.18.png
 

委員会活動 

 

  各委員会
運営会議
看護部運営会議、看護師長会議、看護教育企画会議
課題別委員会 課題別委員長会議、看護臨床研修管理委員会、看護教育委員会、看護倫理委員会、看護安全委員会、看護感染委員会、看護記録委員会、看護情報システム委員会、看護CS委員会、看護退院調整委員会、看護クリニカルパス委員会、リソースナース会

連絡調整会議

外来ブロック長会議、臨地実習指導者会議、臨地実習指導者研修会、看護救急部門会議、外来副師長会、病棟副師長会、クラーク会議、看護助手会議

 

看護実践

 

社会貢献(平成29年度実習等受け入れ実績)

大阪警察病院看護専門学校(基礎・成人・老年・小児・母性看護学)
大阪府医師会看護専門学校(基礎・成人・老年看護学)
大阪医科大学看護学部(助産学)
大阪府病院協会看護専門学校 通信課程(基礎・成人・老年・小児・母性看護学)
行岡医学技術専門学校 母性看護学
大阪府看護協会 救急看護認定看護師
兵庫医科大学医療人育成センター 手術看護認定看護師
大阪府 ヴィーナスキャンペーン(1看護師体験
大阪府看護協会 ふれあい看護体験(1日看護師体験)

top

now tasks