ホーム > 新着情報 > 当院からのお知らせ > 【重要】新型コロナウイルスに関するお知らせ

【重要】新型コロナウイルスに関するお知らせ

当院は感染指定病院ではございませんので、現時点では新型コロナウイルス感染症の診察を行っておりません。
以下の症状がある場合は、相談窓口にご相談ください。
相談の結果、新型コロナウイルス感染疑いのある場合には、専門の外来を紹介してくれます。
マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

相談対象者

すぐに相談

1. 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかある場合

2. 重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合
  ※高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患(COPD等)の基礎疾患がある方
   透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

3. 妊婦の方で、発熱や咳などの比較的軽い風邪症状がある場合 ※念のため、早めに相談してください

症状が4日以上続くときは必ず相談

上記1、2、3以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪症状が4日以上続く場合
*強い症状や解熱剤を飲み続けている方はすぐに相談

 

1 大阪市「新型コロナ受診相談センター」

電話番号 06-6647-0641
受付時間 24時間

 

2 「新型コロナウイルス全般に関すること」など一般的な相談

(1)大阪市 保健所「新型コロナに関する一般電話相談窓口」

電話番号 06-6647-0641
受付時間 9時~17時半(月~金曜日 祝日を除く)

(2)大阪府 府民向け相談窓口

電話番号 06-6944-8197
受付時間 9時~18時(土曜日・日曜日・祝日も対応可能)

(3)厚生労働省 電話相談窓口

電話番号 0120-565653
受付時間 9時~21時(土曜日・日曜日・祝日も対応可能)

 

3 外国人のための相談窓口(公益財団法人 大阪国際交流センター)

電話番号 06-6773-6533
受付時間 月 ~ 金:9時~19時
土・日・祝:9時~17時半
対応言語 英語、中国語、韓国・朝鮮語、ベトナム語、フィリピン語、日本語
※ただし、来館の場合は通訳・翻訳機により計30言語。詳細は公益財団法人大阪国際交流センターホームページをご確認ください。

 

4 外国人観光客向け相談窓口

大阪観光局において、相談窓口を設置しています。
大阪観光局ホームページ「新型コロナウイルス肺炎について」をご確認ください。

 

新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査)について

2020年3月6日より、新型コロナウイルスのPCR検査が保険適応となりました。
しかし、当院は感染症指定病院ではないため、現在検査は実施しておりません。
ご理解いただきますよう、よろしくお願いいたします。

面会禁止のご案内

当院では新型コロナウイルス感染症対策として全ての病棟において、入院中の患者さんへの面会・外出・外泊を禁止します。

病院側よりご家族に来院を依頼した場合のみ面会可能です。

・原則ご家族2名様までとさせていただきます。
・小学生以下のお子様は面会できません。
・ナースステーションで体温測定後、面会いただけます。
・マスク着用、手指消毒後、短時間でお願いします。

発熱・風邪症状がある場合は、面会できません。
1階玄関ホールや飲食コーナー、中庭周辺や外来などで待ち合わせをする、「こっそり面会」も禁止です。

新型コロナウイルス感染症は、発症2日前から感染する可能性があります。
今、症状のない患者さんやご家族が感染しているかもしれません。

入院に必要な品物(日用品等)がある場合

入院に必要の物品をお持ちいただいた際、下記の場所にて体温測定後、37.0℃以下の場合のみナースステーションまでお越しください。
平日 17時まで:1階入院センター
平日 17時~19時30分:1階正面玄関前総合案内
19時30分以降の夜間・休日:1階救急事務所

入院されている患者さんへ

・入院中はベッドでお1人の時を除き、マスクを着用してください。
・外来患者さんの多い13時頃までは、できるだけ1階や2階の外来フロアにはいかないようにしてください。
・発熱や咳、喉の痛みなどがある場合は、早めに看護師、医師に報告してください。

飲食コーナーを利用される方へ

感染リスクが高まる場面では、静かに飲食、マスクの着用を徹底してください。
※新型コロナウイルス感染症は、発症2日前から感染性があり、今は全く症状がないわたしや隣の人が実は感染しているかもしれません。

感染防止対策を強化しています

当院では感染防止対策を強化中です。ご来院の方にはマスクの着用、手指消毒をお願いしております。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

患者さん自身や周りの方をコロナから守るために、医療崩壊を防ぐために、
うつらない、うつさないようご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

top