ホーム > 大阪警察病院のご紹介(大阪警察病院について) > 院長挨拶

院長挨拶

 このたび、9月1日付で、医療法人警和会 大阪警察病院の病院長に就任させていただきました、澤 芳樹です。医師になって心臓血管外科学一筋に40年。そして2006年以来の15年間の大阪大学心臓血管外科教授の任を全うし無事に退官させていただき、今回、縁あって大阪警察病院 病院長の大役を仰せつかった次第であります。大阪警察病院は80年以上の伝統の下に、これまでも大阪の地域医療に多大なる貢献をし、高度な医療の提供はもとより、医師や医療従事者の育成にも多大なる貢献をしてまいりました。さらに、2018年に、大阪警察病院は「医療法人警和会」へと発展し、80周年を期に次の時代へとさらに大きく発展する道程が始まったわけであります。さらに、現在の大阪警察病院の建物の建直しのタイミングで、NTT西日本大阪病院との合併により新病院建設計画が現実のものとなり、基本構想もまとまり、設計、施工と進められ2024年中には竣工の予定になっています。そのような背景の中で、私が赴任させていただくことになったわけでありまして、その任務の重さをひしひしと感じ身の引き締まる思いの中での就任でございます。
 

 もとより、浅学菲才の身であり、大学卒業後41年目にして初めて大学を離れる身ではありますが、心機一転粉骨砕身で、越智理事長のもとに発展してきた大阪警察病院がさらに大きく発展し大阪市内はもとより府下、近畿圏そして国内外から期待され頼られる最終受け入れ病院として、高度で先進的な医療を提供するとともに、働き方改革や労働環境改善のもとに全スタッフが真心と笑顔に満ち溢れて充実して仕事に専念できるような環境整備を行ってまいります。

 高度な医療を提供しつつ優しい真心にあふれる医療を提供していく病院として、これまでも運営されてきましたが、これまでの伝統を受け継ぎ、さらに数年後には未来に向けて夢のある新病院として飛躍的に発展いたします。なにとぞ皆様の温かいご理解、ご支援を頂けますように御願い申し上げます。

 sawa_photo.jpg

大阪警察病院 院長 澤 芳樹

院長略歴

専門分野
外科学 胸部外科学 心臓血管外科学 心筋保護 心臓移植 心筋代謝 人工臓器 遺伝子治療 再生医療 組織工学
経歴
1980年 4月 大阪大学医学部 第一外科入局
1983年 1月 大阪府立母子保健総合医療センター 心臓外科デックス
1992年 2⽉  ⼤阪⼤学医学部 第⼀外科助⼿
1998年 4⽉  ⼤阪⼤学医学部 第⼀外科講師
2002年 8⽉  ⼤阪⼤学医学部 臓器制御外科助教授
2002年 8⽉  附属病院未来医療センター 副センター⻑
2006年 1⽉  ⼤阪⼤学⼤学院医学系研究科 外科学講座 ⼼臓⾎管・呼吸器外科主任教授
2006年 4⽉  ⼤阪⼤学医学部付属病院 未来医療センター センター⻑
2007年 4⽉  ⼤阪⼤学⼼臓⾎管外科主任教授
2007年 4⽉  ⼤阪⼤学医学部附属病院 病院⻑補佐
2010年 6⽉  ⼤阪⼤学臨床医⼯学融合研究教育センター センター⻑
2010年 8⽉  ⼤阪⼤学医学部附属病院 未来医療開発部 部⻑
2011年 1⽉  内閣府 医療イノベーション推進室 次⻑
2012年 4⽉  京都⼤学iPS細胞研究所 特任教授
2013年 4⽉  ⼤阪⼤学⼤学院医学系研究科 副研究科⻑
2013年 5⽉  ⼤阪⼤学医学部附属病院 国際医療センター センター⻑
2015年 3⽉  ⼀般社団法⼈⽇本再⽣医療学会 理事⻑
2015年 4⽉  ⼤阪⼤学⼤学院医学系研究科 研究科⻑・医学部⻑
2015年 4⽉  ⾦沢医科⼤学 客員教授
2015年 5⽉  順天堂⼤学 客員教授
2019年11⽉  特定⾮営利活動法⼈⽇本胸部外科学会 理事⻑
2020年10⽉  ⽇本学術会議 会員
2020年11⽉  国際医療福祉⼤学 特任教授

top